Slackの既読にまつわるQ&A|便利なショートカットも紹介

「Slackで既読されたか確認したい」
「メッセージを既読したことを知らせたい」

この記事は、そんな方へ向けて書いています。

先取り結論

  • Slackに既読・足跡機能はない
  • 絵文字でメッセージに反応できる「リアクション機能」が簡単でおすすめ
  • メッセージの一括既読は、ショートカットが便利
  • 既読したメッセージを未読に戻すことも可能

Slackに既読機能はある?

Slack公式としては、既読を伝える機能はありません

ただし、絵文字の「リアクション機能」を使って既読を伝えることが可能です。

Slackに既読機能はない

相手に「メッセージを読んだ」と知らせる既読機能はありません

チャンネル内でも「既読○件」のような表示は出ないため、どれくらいのメンバーがメッセージを確認しているか分かりません

メンバー全員に読んでほしい用件の場合、いちいち確認しないといけないのは不便です。

足跡機能もない

「誰がメッセージを見たか」が分かる足跡機能もありません

どのメンバーが読んだか表示されないため、相手にメッセージが伝わっているか別途確認が必要になります。

既読の代わりにリアクションを活用

「既読したときにはこうする」というルールを社内で決めておくと良いでしょう。

簡単に既読を伝える方法として「リアクション機能」があります。

「リアクション機能」を使えば、送られてきたメッセージに対して、絵文字で反応できます

絵文字にマウスオーバーすれば、誰がリアクションしたかも分かります

リアクション機能の使い方は、以下の記事を参考にしてください。

Slackはリアクションを活用すべし!ムダを省いて円滑交流

「Slackのリアクションの使い方を知りたい」 「Slackのリアクションを有効活用したい」 この記事は、そんな方へ向けて書いています。 先取り結論 リアクションとはメッセージに対して、絵文字で反応で ...

メッセージを簡単に既読にするには?

メッセージを一度に既読にする場合は、ショートカットを使うと便利です。

キーボードショートカット

  • 現在開いているチャンネルの全メッセージを既読にする→「Esc」
  • ワークスペース上の全メッセージを既読にする→「Shift+Esc」

未読メッセージをまとめて既読にすることで、一つ一つ開いて確認する手間が省けます

チャンネルのメッセージを既読にする[Esc]

現在開いているチャンネルの、全メッセージを既読にするには「Esc」を使います。

未読メッセージがあるチャンネルを開きます。

「Esc」を押すと全て既読に変わりました。

全メッセージを既読にする[Shift+Esc]

ワークスペース上の、全メッセージを既読にするには「Shift+Esc」を使います。

未読メッセージがあるワークスペースを開きます。

「Shift+Esc」を押すと「全未読をクリアしますか?」と表示されます。

「はい、すべてクリアします!」をクリックしましょう。

全て既読に変わりました。

メッセージを間違えて既読にしてしまったら?

「このタイミングで既読にしたくなかった!」というメッセージは未読にできます

後でゆっくり確認して返信したい場合にも、未読にすることで返信し忘れを防ぐことが可能です。

メッセージの未読処理は、ショートカットを使うと簡単にできます。

メッセージを未読にする[Option(Alt)+(メッセージをクリック)]

メッセージを未読にするには「Option(Alt)+メッセージをクリック」を使います。

未読にしたいメッセージがあるチャンネルを開きます。

メッセージにカーソルを当てて「Option(Alt)+メッセージをクリック」します。

メッセージの上に「New」と表示され、未読に変わりました。

Slackの既読機能まとめ

  • Slackに既読・足跡機能はない
  • 絵文字でメッセージに反応できる「リアクション機能」が簡単でおすすめ
  • メッセージの一括既読は、ショートカットが便利
  • 既読したメッセージを未読に戻すことも可能

-Slack(スラック)

© 2022 bestcloud