Slackテーマ変更のやり方【完全ガイド】快適&効率化を楽しもう

「Slackのテーマを変えたい」
「ワークスペースごとに色を変えて、分かりやすくしたい」

この記事は、そんな方へ向けて書いています。

先取り結論

  • Slackでテーマ変更すると、複数のワークスペースを差別化できる
  • Slackのテーマ変更は、デフォルトテーマを使うのが一番簡単でおすすめ
  • カスタムテーマ作成は手間がかかる

Slackのテーマ変更でワークスペースを差別化する

Slackのテーマ変更とは、ワークスペースのカラーを変えることです。

複数のワークスペースに所属している方は、ワークスペースごとのテーマ変更をおすすめします。

テーマを変えることで、どのワークスペースを開いているか直感的に分かりやすくなるためです。

「他のワークスペースに間違えてデータを送ってしまった」などのミスも防ぎやすくなるでしょう

Slackのテーマ変更はPCからのみ可能です。

変更後は、自動でモバイルアプリにも反映されます。

Slackでテーマ変更する2つの方法

Slackでテーマ変更する方法は2つあります。

  1. Slackのデフォルトテーマから変更する
  2. Slackでカスタムテーマを作成する

Slackのデフォルトからテーマを変える方法が一番簡単です。

21種類用意されているため、気に入るテーマを見つけられるでしょう。

Slackデフォルトのテーマ変更が一番簡単

まずは、テーマを変更したいワークスペースを開きましょう。

ワークスペース名の横にある、下矢印ボタンをクリックします。

「環境設定」をクリックしましょう。

環境設定のポップアップが表示されたら「テーマ」をクリックします。

Slackのデフォルトテーマ一覧が表示されました。

デフォルトテーマの中から、好きなものを選択しましょう。

今回は「エクスペンシブ(ブラック&ゴールド)」を選んでみます。

ワークスペースの色が、紫色から「ブラック&ゴールド」に変わりました。

Slackでカスタムテーマを作成する

カスタムテーマを作成するときも、テーマを変えたいワークスペースを選びます。

ワークスペース名の横にある、下矢印ボタンをクリックします。

「環境設定」をクリックしましょう。

環境設定のポップアップが表示されたら「テーマ」をクリックします。

「カラー」のところにある「カスタムテーマを作成できます」をクリックします。

カラーの変更画面が表示されました。

ワークスペース上で変えたい範囲の、色部分をクリックしましょう。

例えば、サイドバーの色を変更するなら「サイドバー背景」の色部分をクリックします。

カラースケールが出てくるので、好きな色をクリックします。

薄紫色をクリックすると、サイドバーの色が変更されました。

作成したカスタムテーマは、Slackでチームメンバーと共有できます。

カスタムテーマのカラーコードが用意されているため「コピー」をクリックします。

カスタムテーマを共有したいメンバーに、コピーしたものを貼り付けて送信します。

カスタムテーマがチャンネル内で共有されます。

カスタムテーマを共有されたメンバーは「サイドバーのテーマを変更する」をクリックします。

カスタムした通りにワークスペースのテーマが変更されました。

カスタムテーマの作成は、Slackのワークスペースに会社のイメージカラーなどを反映したい場合に便利です。

【コピペOK】テーマカラーのカスタム例

Slackのデフォルトテーマで気に入るものがない方向けに、カスタム例を5つピックアップしました。

カラーコードをコピーして、お使いのワークスペースに適用できます

①ホワイト&ピンク

#FAF7F0,#E8E6DF,#E89294,#FFFFFF,#B8B8B8,#474747,#99CC99,#66CCCC,#E8E6DF,#515151

②ベージュ&ブラウン

#EDE4D8,#d6b498,#c2804a,#ffffff,#BDA28F,#2E1903,#009917,#d95b5b,#d6b498,#2B1505

③ホワイト&レッド

#FFFFFF,#CC181E,#A3070C,#FFFFFF,#B0A5A5,#0D0D0D,#658F21,#E04A4D,#A3070C,#FFFFFF

④ブルーグレー&ホワイト

#4A5F69,#7D949E,#FFFFFF,#748991,#8E9EA3,#FFFFFF,#6E9413,#748991,#374247,#FFFFFF

⑤ホワイト&ダークグレー

#FFFFFF,#999999,#474747,#FFFFFF,#AAAAAA,#000000,#A60000,#000000,#474747,#FFFFFF

カスタムテーマ作成は自由度が高いですが、自作すると手間もかかります

複数のワークスペースを直感的に区別できるようにするのであれば「デフォルトテーマ」からの変更で十分でしょう。

Slackテーマ変更まとめ

  • Slackでテーマ変更すると、複数のワークスペースを差別化できる
  • Slackのテーマ変更は、デフォルトテーマを使うのが一番簡単でおすすめ
  • カスタムテーマ作成は手間がかかる

-Slack(スラック)

© 2022 bestcloud