Slackのリマインダー設定で予定をスッキリ快適管理!

「Slackのリマインダーとは何か知りたい」
「Slackのリマインダーの使い方を知りたい」

この記事は、そんな方へ向けて書いています。

先取り結論

  • あらかじめ設定した予定をSlackbotがリマインドする機能
  • Slackリマインダーは便利なコマンドが多い
  • カスタムレスポンスを使ってより業務効率化が図れる

Slackのリマインダーとは?

Slackのリマインダーとは、あらかじめ設定した予定Slackbotがリマインドする機能です。

リマインダーを登録すると、Slackbotが設定した時間にリマインドします。

リマインダーの使い方

設定方法は以下の通りです。

  • Slackの「プラスマーク」をクリック
  • ショートカットの検索欄に「リマインダー」と入力
  • 「リマインダーを設定する」をクリック
  • リマインドする「相手」と「時間」を入力
  • 「送信」をクリックし、設定完了

Slackの「プラスマーク」をクリックします。

ショートカットの検索欄に「リマインダー」と入力します。

「リマインダーを設定する」をクリックします。

「/remind [@相手] [内容][時間]」を入力します。

「送信」をクリックし、設定完了です。

リマインドリストで確認する方法

リマインドリストは、予定を一覧で確認できます。

  • 今後の予定
  • 未完了の過去の予定

「/remaind list」と入力し、「送信」をクリックすると確認できます。

リマインドの一覧が表示されました。

リマインダーを削除する方法

リマインドリストで予定一覧を出します。

削除したいリマインド「削除」をクリックします。

再度、リマインドリストで予定一覧を出すと、リマインダーが1件削除されました。

Slackリマインダー一覧

Slackリマインダーは、仕事の忘れ防止や締め切りを伝えるなど非常に便利な機能です。

ただ、「打ち込むのが非常に面倒」と感じる方もいるでしょう。

以下にコピペして使えるテキストを用意しました。

/remind @〇〇さん [内容] in 30min 30分後にリマインドする
/remind @〇〇さん [内容] in 1 hour 1時間後にリマインドする
/remind @〇〇さん [内容] at 14:00 14時にリマインドする
/remind @〇〇さん [内容] at tommorow 14:00 明日の14時にリマインドする
/remind @〇〇さん [内容] at 09:00am 午前9時にリマインドする
/remind @〇〇さん [内容] at 06:00pm 午後6時にリマインドする
/remind @〇〇さん [内容] everyday at 09:00am 毎日午前9時にリマインドする
/remind #チャンネル [内容] every Wednesday at 09:00am 毎週水曜日午前9時にリマインドする
/remind #チャンネル [内容] every weekday at 09:00am 平日の午前9時にリマインドする
/remind #チャンネル [内容] every 10th at 09:00am 毎月10日の午前9時にリマインドする
/remind #チャンネル [内容] next wednesday at 09:00am 来週の水曜日午前9時にリマインドする
/remind #チャンネル [内容] at 09:00am on 10/10 10月10日午前9時にリマインドする
/remind #チャンネル [内容] at 06:00pm on 10/10 10月10日午後6時にリマインドする

[内容]@〇〇さん#チャンネル  は調整してお使いください

例) /remind @あなた 打合せ(A会議室)  at 14:00

カスタムレスポンスを活用しよう

リマインダーは便利な機能ですが、コマンドをすべて覚えるのは大変です。

そこでカスタムレスポンス機能をあわせて活用すると、非常に使いやすくなります

カスタムレスポンスのおさらい

Slackのカスタムレスポンスとは、特定のキーワードを設定して送信すると、自動的に回答する機能。

カスタムレスポンスでコマンドを表示すれば、コピペしてすぐにリマインダーを設定できます。

カスタムレスポンスを設定する際は、Slackbotの返信に以下のテキストをコピペしてご利用ください。

◆スラッシュコマンド一覧◆\n\n◆30分後にリマインドする\n/remind @〇〇さん [内容] in 30min\n\n◆1時間後にリマインドする\n/remind @〇〇さん [内容] in 1 hour\n\n◆14時にリマインドする\n/remind @〇〇さん [内容] at tommorow 14:00\n\n◆午前9時にリマインドする\n/remind @〇〇さん [内容] at 09:00am\n\n◆午後6時にリマインドする\n/remind @〇〇さん [内容] at 06:00pm\n\n◆毎日午前9時にリマインドする\n/remind @〇〇さん [内容] everyday at 09:00am\n\n◆毎週水曜日午前9時にリマインドする\n/remind #チャンネル [内容] every Wednesday at 09:00am\n\n◆平日の午前9時にリマインドする\n/remind #チャンネル [内容] every weekday at 09:00am\n\n◆毎月10日の午前9時にリマインドする\n/remind #チャンネル [内容] every 10th at 09:00am\n\n◆来週の午前9時にリマインドする\n/remind #チャンネル [内容] next wednesday at 09:00am\n\n◆10月10日午前9時にリマインドする\n/remind #チャンネル [内容] at 09:00am on 10/10\n\n◆10月10日午後6時にリマインドする\n/remind #チャンネル [内容] at 06:00pm on 10/10

カスタムレスポンスを設定すると、以下のように表示されます。

カスタムレスポンスの詳細な使い方は、以下の記事を参考にしてください。

Slack カスタムレスポンスが超便利!設定から活用法まであわせて解説

「Slackのカスタムレスポンスの使い方が知りたい」 「Slackのカスタムレスポンスを有効活用したい」 この記事は、そんな方へ向けて書いています。 先取り結論 特定のキーワードを送信するとSlack ...

Slackのリマインダーまとめ

  • あらかじめ設定した予定をSlackbotがリマインドする機能
  • Slackリマインダーは便利なコマンドが多い
  • カスタムレスポンスを使ってより業務効率化が図れる

-Slack(スラック)

© 2022 bestcloud