ChatWork グループのメンバー・閲覧者の違いは?設定方法も解説

「ChatWorkのメンバーと閲覧者の違いが分からない」
「ChatWorkグループチャットの権限の変更方法を知りたい」

この記事は、そんな方へ向けて書いています。

先取り結論

  • メンバーと閲覧者の違いは、メッセージを送れるかどうかだけ
  • 権限の変更は管理者しかできない

違いはメッセージを送れるかどうか

グループチャットにおけるメンバーと閲覧者の違いは、メッセージを送れるか否かだけです。

管理者・メンバー・閲覧者の違いは以下の通りです。

メンバーの変更・削除 チャット名変更 概要変更 メッセージ送信 メッセージの閲覧
管理者
メンバー × × ×
閲覧者 × × × ×

グループチャットでの変更や削除などは、管理者に大きな権限があることが分かります。

メンバーはメッセージを送れる

メンバーはチャット名・メンバーなどグループチャットに関する変更はできません

しかし、普段ChatWorkを使っているように、メッセージの送信やタスク追加はできます

閲覧者はメッセージを送れない

閲覧者はチャット名・メンバーなどグループチャットに関する変更・メッセージの送信・タスクの追加などもできません。

閲覧者画面では、「このチャットでは権限がないため発言することができません」とメッセージ欄に書いてあります。

できるのは、グループチャット内のメッセージのやり取りを閲覧するのみです。

文字を打ち込むことはできますが、送信ボタンは押せません

⌘+エンターで強制的に送ろうとしても消えてしまいます。

また、グループチャット内でタスク追加もできません

グループチャットのメンバー権限を変更する方法

グループチャットでの権限を変更できるのは、管理者だけです。

ここからは管理者が、権限を変更する手順を解説していきます。今回は、管理者がとりさんを「閲覧のみ」に変更します。

グループチャットの右上にある「このチャットのメンバー」をクリックします。

画面下にある「メンバーの編集」をクリックします。

権限を変更したいメンバーの「↓」マークをクリックして、プルダウンから「閲覧のみ」をクリックします。

変更が完了したら「保存する」をクリックします。これで「閲覧のみ」に変更できました。

閲覧者の画面を確認すると、メッセージ欄に「このチャットでは権限がないため発言することはできません。」と表示され、できるのは閲覧のみとなります。

メンバー・閲覧者の違いまとめ

  • メンバーと閲覧者の違いは、メッセージを送れるかどうかだけ
  • 権限の変更は管理者しかできない

-ChatWork(チャットワーク)

© 2022 bestcloud