Roboform(ロボフォーム)とは?セキュリティーは大丈夫?サービス内容・導入方法も紹介

「ロボフォームを導入してみたい」
「ロボフォームのセキュリティー対策を知りたい」

この記事は、そんな方へ向けて書いています。

先取り結論

  • パスワードはもちろん、よく使う住所やクレジットカード情報も管理・自動入力してくれる
  • 複数要素認証やパスワード検査機能でセキュリティー性が高い
  • アカウントの作成が3分で終わり、すぐに使い始められる

RoboForm(ロボフォーム)とは?

Roboform(ロボフォーム)とは、SiberSystems社が運営するパスワード管理ツールです。

2000年にリリースされ、ビジネス用や家族用などの様々なニーズに合わせて年々アップデートを繰り返しています。

対応OSは以下の通りです。

  • Windows v9.2.4
  • Windows MSI v9.2.4
  • Mac v9.2.8
  • iOS v9.2.9
  • Android v9.2.18
  • Microsoft Edge v9.3.2(拡張機能)
  • Google Chrome v9.3.2(拡張機能)
  • Firebox v9.3.2(拡張機能)

サービス内容

ロボフォームでは以下の情報が一括で管理・自動入力できます。

管理できる情報

  • ログインに必要なユーザーIDやパスワード
  • クレジットカード情報
  • Windowsアプリケーション用パスワード
  • Wi-Fiのパスワードやライセンスコード
  • 連絡先

パスワードの管理画面です。

「アイデンティティ」では入力フォームでよく使用する個人情報を管理できます。住所以外にもクレジットカード情報や銀行口座の情報を保存しておけます。

また、パスワードを自動で生成してくれる機能もあります。

ついつい同じパスワードを使いまわしてしまいますが、この機能を活用することにより、セキュリティー性の高いパスワードを使用できます。

ロボフォームに保存しておけば、覚える必要もありません。

セキュリティー対策

ロボフォームではセキュリティー効果を高めるために、以下の対策を行っています。

  • PBKDF2 SHA256, アイテレーション付きのAES256ビット暗号化を採用
  • 複数要素認証(OTP、TOTP)
  • パスワードを検査し、セキュリティスコアを算出
  • 公開鍵暗号方式を使ってパスワードを共有

マスターパスワードも暗号化されているため、マスターパスワードの文字列を認知しているのは設定した本人のみです。

マスターパスワードは変更することも可能です。

定期的に変更することでよりセキュリティー性を高められますが、マスターパスワードを忘れてしまうとロボフォームにログインできなくなってしまうため、必ず覚えておきましょう。

Roboform for Business(ビジネスプラン)では「グループ」を作成し、グループメンバーとパスワードを共有できる機能もあります。

パスワードの内容を知られたくない場合は、上記の画像のように管理者以外のユーザーにはアクセス権限を与えないよう設定できます。

管理者以外のユーザーは「ログイン」もしくは「行く」をクリックすると、自動でそのWebサイトにログインできます。

「ログイン」の場合は、既にユーザーIDとパスワードが自動入力されており、すぐにログインが完了します。

「行く」の場合は、ユーザーIDのみ自動入力されており、自分でパスワードを入力します。

この時、入力するパスワードは「**************」と表示され、内容は確認できません。

上記のようにセキュリティーセンターでは、保存しているパスワードを検査し、安全性スコアを算出しています。

同じパスワードを使いまわしたり、短いパスワードを設定したりするとスコアが低くなります。

カーソルを合わせると「ログイン」が表示され、クリックするとログイン後のページに自動で飛ぶ仕様になっています。

料金

ロボフォームの料金プランは以下の通りです。

  無料ロボフォーム ロボフォームエブリウェア(個人用有料プラン) ロボフォームエブリウェア(ファミリープラン) ロボフォームfor Business
アカウント数(最大) 1名 1名 5名 会社により異なる
価格(1人あたり年単位) 無料 1年間:2,000円

3年間:6,000円

5年間:10,000円

1年間:4,000円

3年間:12,000円

5年間:20,000円

1年間:4,500円

3年間:11,480円

5年間:16,900円

パスワード管理(制限なし)
パスワード生成
フォーム記入
強力な暗号化
パスワード共有
アプリ内からのログイン(skype・iTunes)
ブックマークを管理
オンラインアカウント
フォルダ共有
2要素認証
2段階認証
パスワード監査
すべてのデバイスで同期
クラウドにバックアップ
緊急アクセスの受信
集中管理による従業員追加
ポリシーの一括展開
安全なグループ共有
役割ベースのアクセス許可レベル
管理者数は無制限(追加費用なし)
追加の2要素認証
アクティブディレクトリとの統合
従業員の使用履歴へのアクセス
メールサポート

無料プランでも保存できるパスワード数に制限はありません。

よりセキュリティーを強化したい方や、家族でパスワードを一括管理したい方はエブリウェアがおすすめです。

ビジネスプランの場合は社員数によって料金が変動しますが、200万円を超える場合は運営会社が見積もりを出してくれます。

200万円を超えるのは以下の場合です。

  • 1年契約で589名以上
  • 3年契約で231名以上
  • 5年契約で157名以上

RoboForm(ロボフォーム)の導入方法

ロボフォームの導入方法は以下のとおりです。

  1. 公式サイトからdmgファイルをダウンロードする
  2. ロボフォームを起動し、メールアドレスとマスターパスワードを設定する
  3. 完了

導入は約3分で終了するので、すぐに使い始められます。実際に導入してみましょう。

まず、ロボフォーム公式サイトから「無料ロボフォームを入手」もしくは「ビジネスアカウントを試す」をクリックします。

「ビジネスアカウントを試す」を選択すると上記のように、会社名やユーザー数を入力するフォームに飛びます。

この時、クレジットカード情報の入力は必要ありません。

ビジネスプランはこの時点から利用が開始されます。ユーザーを追加したり、パスワードやアイデンティティの保存が可能です。

導入から30日間は無料で利用できます。

無料プランのロボフォームを入手を選択した場合は、自動でdmgファイルがダウンロードされます。

dmgファイルを開くと上記のウィンドウが表示されます。同意して進みます。

「新規アカウントを作成」を選択し、メールアドレスとマスターパスワードを設定します。

この時、マスターパスワードは必ず覚えておきましょう。マスターパスワードを忘れてしまった場合、ロボフォーム自体にログインできなくなり、再度新しくアカウントを作成する必要があります。(前のアカウントに保存していたパスワードも確認できません。)

これでロボフォームの導入が完了しました。

無料プランのロボフォームも、導入から30日間は有料のエブリウェアプランが利用できます。

Google Chromeでロボフォームを使用するには、拡張機能の追加が必要です。

拡張機能は上記のようにブックマークの代わりとしても使用できます。

ガソリンスタンドのようなマークはパスワードをランダムで生成してくれるので、初めて登録するサイトにも安全性の高いパスワードが使用しやすくなっています。

追加した拡張機能は画面右上のパズルピースのマークから確認できます。ロボフォームが作動しない場合は、上記の部分から確認してみてください。

 ロボフォームのサービス内容・セキュリティー対策まとめ

  • パスワードはもちろん、よく使う住所やクレジットカード情報も管理・自動入力してくれる
  • 複数要素認証やパスワード検査機能でセキュリティー性が高い
  • アカウントの作成が3分で終わり、すぐに使い始められる

-ロボフォーム

© 2022 bestcloud