法人向けITツールの比較・検索メディア

bestcloud

本当に必要?ChatWork有料プラン申込の前に確認したい3つの項目

「ChatWorkの有料プランを検討している」
「無料・有料の実質的な違いを知りたい」

この記事は、そんな方へ向けて書いています。

先取り結論

  • パーソナルプランの目玉は無制限のグループ参加
  • グループ上限の裏技もある
  • その他の機能はそこまで魅力的ではない

ChatWork有料プランでできること

ChatWorkのプランは以下の4つ。

  • フリープラン
  • パーソナルプラン
  • ビジネスプラン
  • エンタープライズプラン

今回は、ChatWorkでも一番使用率の高そうな「パーソナルプラン」について解説します。

パーソナルプランの導入を検討している方は、導入によってどういった価値があるのかを検討してみましょう。

  • グループチャット上限突破
  • ビデオ通話が複数人でできるようになる
  • ストレージが5GBから10GBへ
  • 広告が非表示になる

パーソナルプランで開放される機能は上の4つ。

一つ一つ、「これは価値がある」「別サービスで代用可能」など機能を詳細に紹介していきます。

グループチャット上限突破

まず有料プランの目玉となるのがこちら。

グループチャットの上限である「14個」が撤廃され、無制限にグループチャットへ参加することができます。

フリープランの状態でグループチャットの参加・作成をしようとすると、このようなアラートが表示されます。

ChatWorkを普段使いのチャットクライアントとして位置づけ、クライアントの種類が多い方はすぐに上限になってしまいます。

ここで、「累計14個上限」について復習しておきましょう。

  • 上限は同時参加数ではなく「累計」参加数
  • グループチャットの「作成上限」ではなく「参加数上限」

以上のように、過去に1回でもグループに参加していたら、例えグループを退出・削除していたとしても「1個分」としてカウントされます。

また、作成上限ではなく参加数上限ですから、グループチャットを作成した人が自分でも他人でも関係ありません。

チームで仕事するにはなかなか厳しい上限ですね・・・。

グループチャットの参加数制限は、Chatwork登録時から累計14個までのグループチャットに参加できる制限です。

そのため、現在のグループチャット数が14個未満の場合でも、これまでに参加したことがある累計グループチャット数が14個を超えている場合は、
「上限に達しています」と表示され、グループチャットへの参加はできなくなります。

グループチャットご利用制限に関するQ&A – ヘルプ | Chatwork

ちなみに、上記リンクから自身の「グループチャット累計参加数」を確認できます。

有料(パーソナル)プランの一番の機能はこのグループチャット上限解除です。

ChatWorkを普段から使っていたら、他のウェブアプリに変更するのは難しいですよね。相手の使っているチャットツールの問題もあります。

一応、ChatWorkのグループ上限数を解除する裏技も存在します。

しかし、契約や解約の手続きが面倒な方は、素直にアップグレードすることをオススメします。

ビデオ通話が複数人でできるようになる

ChatWorkには、ビデオ通話機能が標準で備わっています。

フリープランでは、1対1の通話しかできません。

パーソナルプランにアップグレードすることで、複数人でのビデオ通話が可能になります。

しかし、「複数人でビデオ通話がしたい」だけの理由でのアップグレードはおすすめしません。

  • ZOOMやGoogleMeetなど、外部サービスで素晴らしいものが存在する
  • 複数人でのビデオ通話は、仕事していたとしても意外と使わない
  • ChatWorkでの通話は少し不便

2つ目の理由は筆者の主観で申し訳ありません。笑

しかし、1つ目の理由として、外部サービスで素晴らしいものがすでにあります。ZOOMもGoogleMeetもセキュリティがしっかりしており、市民権を得ているので社外とのやり取りも簡単です。

また、ChatWorkでの音声通話・ビデオ通話は少し不便です。

何故なら、同じグループチャット内の人間としか通話出来ないからです。グループチャットのメンバー+あと一人、という状態にしたい場合、わざわざグループに招待する必要があります。

ストレージが5GBから10GBへ

パーソナルプランでは、ChatWork上のストレージが5GBから10GBに増えます。

ここで、ChatWork上のストレージに関して復習しておきましょう。

  • 上限は月間ではなく総ファイル
  • 受信側のストレージは消費しない。送信側のみ
  • ファイルはいつでも削除可能

ストレージ容量は、月間使用量ではなく、今までの総ファイル数です。

送信側のみストレージ消費ということで、また、ファイルはいつでも削除可能です。

ChatWork上部のバーのファイルのマークをクリックすると、自身のストレージ使用率が確認できます。

これは筆者のストレージです。

書類関係が多いので、ほぼ消費していませんね。

ビデオ通話同様、ストレージだけを理由に有料プランにアップグレードするのはオススメしません。

  • GoogleDrive、Evernote、DropBoxなど、共有可能な無料のオンラインストレージが存在
  • ファイルを定期的に削除していけば問題ない
  • 5GBで苦しいならば、10GBの容量もすぐになくなる

一番の理由は、ストレージが5GBで困る人は、基本的に倍になったところで問題解決しない(主観です・・・)ところです。

また、ChatWork上で送信したファイルを定期的に削除すれば問題ないですし、そもそもドキュメントの共有等はGoogleDriveでやればOKです。

広告が非表示になる

ChatWorkには、スマホ版、PC版ともに広告が出ています。

「へえ!ChatWorkに広告って出てたんだ!」と思うぐらい、露出がささやかですね。

奥ゆかしくて、日本のビジネスツールっぽいですね。

広告の出る場所は主に右下のレクタングルだけで、基本的に広告のせいで仕事が邪魔される、といったことはないです。

そのため、どうしても広告を削除したい場合以外は、特にアップグレードの必要は無いと言えるでしょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

-ChatWork(チャットワーク)

Copyright© bestcloud , 2020 All Rights Reserved.